発症者が増えている下肢静脈瘤は初期症状をチェック|健康生活への道

病棟

重症化する前に

病院

胸腺腫瘍とは胸腺部分に腫瘍が出来るものであり、基本的には症状が現れにくい病気だと言われています。合併症を引き起こしてから気づくことが多いのですが、咳が長引いている時は疑いがあるので早めに受診しましょう。

More...

乳がん検診の現状

医者

乳がん検診の現在の取り組みを考える

乳がんにかかる可能性が高くなる要因として、食生活の欧米化と、ライフスタイルの変化が挙げられます。具体的には、未婚・高齢出産や、初潮年齢の低年齢化や閉経年齢の高齢化が挙げられます。また、動物性脂肪などの脂肪分の摂取量が多いことや飲酒、肥満も乳がんの確率を高くします。この乳がんの検査方法は、主にマンモグラフィー、超音波エコー、触診などがあります。乳がんは、進行は早くないがんなので、二年に一度受診するだけで、早期発見・早期治療が可能なのです。市町村によっては、これらの乳がん検診が無料で受けられたり、低価格で受けられるような制度があります。

今後の動向を考える

現在のところ、乳がん検診の受診率は低く、過半数の女性は受診していないのです。今後の動向として、この乳がん検診の受診率を上げるような取り組みが必要です。二年に一度、数時間の時間が取れない人はいないでしょうから、検診を推奨する宣伝が必要です。また、日本人には少ないのですが、遺伝的に乳がんにかかりやすい人がいます。遺伝子検査で、その遺伝子を保有していることが分かった人は、毎年か、半年に一度のがん検診が推奨されます。このような遺伝子検査によって、自分のかかりやすい疾患の検査について、特に頻繁に受診するという動向も見られます。いずれにせよ、定期的に健診を受診することが重要です。それにより、乳房を切除することもなくがん細胞を取り除くことは十分に可能なので、早い段階の発見を目指しましょう。

脳の機能を取り戻す

聴診器

脳の血管が詰まることで発症する脳梗塞は、放置すると脳の神経細胞が壊死して最悪の場合は生命の危険もあります。現在では血栓溶解療法や抗血栓薬・脳保護薬などの薬が開発され、神経細胞へのダメージ軽減が可能です。

More...

脳の先天性疾患

看護師

脳動静脈奇形は先天性の脳血管の病気で、症状の程度によって脳出血やてんかん発作など重篤な症状に繋がることがあります。検査を受ける機会が少ない脳の健康は、事前に検診に関する知識を深めて検査を受ける機会を多く設けられるように工夫しましょう。

More...